Browse By

台湾といったら鍋料理

寒くなると、日本でもたくさんの鍋料理が登場しますよね。
鍋料理が出るようになると、「ああ冬なんだな」と思う様にもなり、私たちに季節を教えてくれる存在でもあります。
実は、そんな鍋料理も台湾にはたくさんあるのです。「鍋大好き!」と思うあなた、ぜひ台湾にいって鍋を食べてみませんか?
日本とはまた違った鍋の味を堪能することができると、台湾の魅力をまたひとつ知ることができるのではないでしょうか。
また、日本と台湾の違いを知るきっかけにもなります。

台湾での鍋は「ツーホウゴウ」

台湾の鍋は、「ツーホウゴウ」と呼ばれていることをご存知でしょうか。
ツーホウゴウには「火」という言葉が使われていて、それだけで「温かい食べ物である」ということを知ることができますよね。
冬の食べ物はなんといっても鍋。だから、「美味しい鍋が食べたい」と考えたら、鍋をたべてみることをお勧めします。
台湾には、実にたくさんのツーホウゴウが。

日本よりもたくさんの種類があるのが特徴で、味がとても辛いものがあれば生姜がきいていて体を温めることができるものもあります。
日本ではたくさんの鍋がありますが、それは台湾でも同じ。
「美味しい鍋を食べたい」とう人に、台湾はとってもオススメなのです。
日本とは違うのは、鍋に羊の肉をよく使うことです。日本でも羊の鍋はありますが、まだそこまで一般的ではありませんよね。
台湾では、本当に一般的にそれが売られているのです。

鍋の形にも特徴が

日本では、鍋というと「土鍋」を使うことが多いですが、台湾の場合は鍋を二つに区切ってあり、一度に二種類の味を楽しむことができる様になっています。
私たちも「しゃぶしゃぶも食べたいしキムチ鍋も食べたい」っていうことがありますよね。
そんな時に、この鍋があるととっても便利です。

台湾らしく、漢方が入った鍋も少なくありませんので、「美味しい鍋を食べたい」という人にこの鍋はとってもオススメです。
漢方入りの鍋って、日本ではあんまり見ることがないので、話のネタに食べてみるのもいいでしょう。
美容にいい鍋をつかってみるのもいいですよ。

鍋の具は、自分で選んで好きなものを入れることができるようになっています。
肉は、羊・肉・牛がありますので、好きなものを選んで食べてみるといいのではないでしょうか。
タレを自分で作ることができるなど、自分だけの食べ方をつくることもできますので、そういった点にも注目をしてみて下さいね。
台湾の美味しい鍋をぜひ楽しんでみて下さい。