Browse By

台湾のwi-fi

海外出張に行くときには、ほとんどの人がレンタルwi-fiを利用します。
日本の会社と連絡を取ったり、時には長い時間をかけて資料を作ったりするときにはインターネット環境が必須だからです。
日本に住んでいれば、落ち着いてインターネットを使う環境といえば、限られた場所になってしまうので海外も同じだろうと想像してしまいます。

しかし、海外では日本よりも格段にwi-fi環境が整っています。
台湾も、ほかの国と同じくいたるところにフリースポットがあります。
特に台北にはフリースポットが多いのに驚かされます。
ホテルは、いわゆる高級ホテルよりも日本ではビジネスホテルレベルのホテルのほうがフリースポットが多いのが特徴です。

公営Free wi-fi

台湾には国営の無料wi-fi、I TAIWANがあります。
登録しておけば、いたるところで無料でwi-fiが利用できます。
観光スポットのアクセス検索、お目当てのお店の休日調査など、軽い調べものなら国営のFree wi-fiでまず事足ります。

台北市が運営するFree wi-fi、TAIPEI FREEは日本いながら事前に登録を済ませておくこともできます。
ノートPCやタブレット、スマホで簡単にメールチェックや、アクセス情報を取ることができるので、登録しておいて損はありません。

登録するのに必要なものといえば、SMS受信用の携帯電話番号、メールアドレスです。
wi-fiを使用するときの暗証番号を入力すれば登録申し込みは簡単です。
申し込んでからSMSで届くコードを入力して登録完了です。

アカウントは、その時に入力した電話番号です。
電話番号は国際電話番号になるので、日本の国番号81から、普段使っている電話番号の一番前の0を除いた番号です。
080-1111-1111なら8180-1111-1111になります。

台湾には三つの公営Free wi-fiがあって、TAIPEI FREEは台北市内、NEW TAIPEIは新北市で使えます。I TAIWANは台湾国営なので台湾全土で使えます。
この三つのFree wi-fiは一つのwi-fi会社が実際の運営を任されているので、どこに登録しても同じアカウントが使用できます。

この三つのFree wi-fiは、空港、MRTの主要駅、主要観光スポット、ホテルなど非常に多くの場所で使用できます。
台北市は非常に多くのフリースポットがありますが、郊外や台南の方面では若干使える場所が少なくなります。
台北以外の場所へ行く時には、前日にチェックしておいたほうがよさそうです。

そのほかのFree wi-fi

台湾では、セブンイレブンとファミリーマートでFree wi-fiが使えます。
イートインコーナーで、座って作業できるのでメモなども取りやすくて便利です。
台湾ではセブンイレブンが全土で4800店舗あります。

しかも、日本で登録できるので非常に便利です。
一日3回以内、一回30分以内の制約があります。
コーヒーを飲みながら30分もゆっくりできたら、少々の調べ事は解決してしまいます。

伯朗珈琲館(ミスターブラウンカフェ)は、台北市内に展開するコーヒーチェーンで登録不要、時間制限もありません。
コーヒーが若干高めですが、2時間3時間ねばっても大丈夫です。
ビジネスマンや学生が真剣にPCと向かい合っています。