Browse By

台湾の通貨

台湾の通貨は国際的な表記はNTD、またはNT$です。
細かいお金は角と分があり、1角は0.1NTD、1分は0.1角です。

空港や銀行ではエヌティーダラー、またはタイワンダラーで通じます。
免税店やホテル、デパート、大規模な夜市や有名飲食店など観光客が日常的に出入りする場所でも同じです。

通貨そのものには「圓(ユエン)」という単位が表示されています。
台湾人は(クアイ)や(コ―)と発音します。
観光客があまり行かないような商店や飲食店ではこの言い方がメジャーです。

日本円との換算レートはNTD約3.5円程度です。
NTD5,000の買い物は17,500円ぐらいになります。
換算レートは日々変化しますから大きな買い物をするときには、支払いは換算レートを確認してからのほうが無難です。
毎日の換算レートは銀行の店頭でも確認できますが、スマホならもっと簡単に調べることができます。

両替方法

日本円をNTDに両替する方法はいろいろありますが、台湾について一番先にある両替機関は空港内にあります。
とりあえず、少額でも両替しておいたほうが便利です。

空港のそばや台北市内の銀行でも両替可能です。
銀行以外にもホテルや免税店などでも両替するところはあります。

両替は換算レートも大切ですが、大きなウェイトを占めるのが手数料です。
手数料もしっかりチェックしましょう。
両替機関で両替するときにはパスポートが必要です。

国際キャッシュカード

観光目的で行っているのに両替に時間を費やしてしまうのももったいないことです。
使い勝手がいいのは、国際キャッシュカードです。

普通に日本で使っているキャッシュカードに、海外の通貨が引き出せる機能を付加したものです。
日本の大手銀行ならほとんどの銀行が発行可能です。
このカードがあれば、自分の口座から、銀行やコンビニのATMで引き出せるので非常に便利です。

クレジットカード

クレジットカードは海外旅行には必需品です。
買い物の際に使えるのはもちろんですがキャッシングを利用すれば、細かい買い物や交通費など向けの現地通貨を借りることができます。
カードの裏に、「PLUS」や「Cirrus」のマークが入っていれば海外キャッシングが可能なカードです。
ただし、キャッシングを利用する場合は利息がつくので注意しましょう。

クレジットカードは様々な出費にすべてポイントがついてくるので、時間や神経の使い方を考えると短期間の利息は考えようによっては安いものかもしれません。
また、決済時期が実際の支払時期よりも後に来るのも便利なところです。

多額の現金を持って歩くのはとても危険です。
高度な認証システムのあるカードが安全で便利です。
一枚のカードを紛失しても、対応可能なようにサブのカードも用意しましょう。