Browse By

台湾のファーストフード

台湾は、もともと外食中心のライフスタイルの国です。
スーパーでも、温めるだけで食べられる鍋セットや、いためるだけで食べられる○○セットのような感じのお惣菜が売られています。

それも、週に1,2回食べれば多いほうで食事の中心は外食です。
日本のように手作り重視の考え方はあまりありません。

そういった食文化から生まれたのが夜市です。
夜市は、台湾の人々にとって日々の夕食を食べる場所なのです。
家族連れや、仕事帰りの人々はほとんど毎日でも外食をします。

朝食専門店

台湾には朝食専門店があります。
早朝から、親子連れや出勤前の人でにぎわっているので、日本人には少し珍しい光景です。
このような店では、サンドイッチやハンバーガーなどがよく食べられています。

最近は少なくなりましたが、古い朝食店では台湾式のおかゆや飲茶なども食べられます。
台湾へいったら一度は食べておきたいのが朝食のおかゆです。

観光客にも人気のソウルフード

台湾で、とても有名なファーストフードといえばフライドチキンの頂呱呱です。
日本人には読めないのでT.K.K.フライドチキンで通じます。

また、行列のできる繁盛店として有名なのが福州世祖胡椒餅 です。
松山市駅近くの饒河街夜市は、台北でも最大級の夜市でその看板店ともいえるのがこの福州世祖胡椒餅店です。
タクシーでも、名前をメモで渡せばすぐにわかる有名夜市の有名店です。
安くてボリューム満点です。

このほかにも、台湾人が大好きなファーストフードといえば、魯肉飯(ルーローファン)です。
豚こま切れ肉と玉ねぎなどの野菜を煮込んだものをご飯の上に乗せた台湾の丼ものです。
夜市には、必ず魯肉飯の店があるので観光客でも簡単に食べることができます。
安くてボリュームのある台湾庶民のソウルフードです。

中華料理といえば麺類を思い浮かべますが、その中でも庶民に親しまれているのが牛肉麺(ニューローメン)です。
牛肉ラーメンという感じで、麺の上には煮込んだ牛肉がトッピングされています。
これも夜市で手軽に食べられるメニューです。
もちろん、お安いのも魅力です。

夜市はファーストフードのるつぼのような場所です。
というよりも巨大なフードコートの中に、洋服屋さんや雑貨屋さんがあるイメージです。

世界的チェーンのファーストフード店

ハンバーガーは台湾でも若者に人気のあるファーストフードで、マクドナルド、バーガーキングなどがあります。
また、ミスタードーナツ、KFC,サブウェイ、スターバックスコーヒーなど日本人が知っている世界的チェーンのファーストフード店はいたるところにあります。
日本語も英語も通じませんが、メニューは写真付きなので指さしで注文できます。

価格的には、日本よりも少し安いのですが、夜市や朝食専門店などの食事から考えると、少々高めのファーストフードになります。

日本でおなじみの店舗も

モスバーガーと吉野家は台湾でも比較的よく見かけます。
価格的には日本よりも安いのですが、朝食店や夜市の食事のように毎日食べるには高いかもしれません。