Browse By

台湾のイベント

日本がそうである様に、台湾にも「年中行事」が存在します。
この年中行事には、その国ならではの慣わしがありますので、イベントに触れることで、その国をより知ることができるはず。
台湾は、日本の統治下にあった期間もあったせいか、日本と似た様な年中行事もあります。
日本の文化は、多くが中国の影響を受けていますので、中国と隣接している台湾と文化が似ているのは、必然なのかもしれませんね。
ここで、台湾にはどんな行事があるのかを見てみましょう。
参考:イベント・祝祭日

お正月は旧暦

日本のお正月と言えば、1月1日。
しかし、台湾では1月1日は「中華民国開国記念日」であり、祝日ではあるもののお正月ではない様です。
台湾のお正月は旧暦ですので、毎年お正月の日にちが変わります。

お正月がいつになるのかは、一応発表があるそうですので、もし台湾に旅行に行くのであれば「お正月はいつなのか」について、知っておく必要があるでしょう。
なぜなら、日本と同じで台湾のお正月も「お店が休みになる」などのことが多いので、「行きたい」と思った場所に行くことができない可能性があるからです。
事前にお正月の日にちを知っておくことは、台湾旅行にとって大切なことなのですね。

小宵節

こちらは旧暦の小正月。
「ランタンフェスティバル」と呼ばれることもあるそうですね。
町にランプをともすので、この時期には色々なネオンの景色を堪能できるでしょう。
ランプをともすようになったのは、飛んでいる妖精を見る為に・・・ということではじめたのがきっかけとか。

端午節

こちらも、旧暦の5月5日に実施されます。
日本と同じで、ちまきなどを食べる風習があるそうですよ。
国は違っても、こうして似た様な風習があると、なんだかほっとしますよね。

大きな行事となると、日本と同じで「お店が休み」などになってしまいますが、その分「その国ならでは」の風習などを見ることができますので、「現地のイベントを見たい」という人にとっては、いいかもしれませんね。
例えば、お正月近くに台湾に行くと、お正月飾りなどがたくさん販売されています。

こちらも、台湾のお正月ならではのものですので、手に入れてみると面白いかもしれませんね。
日本のお正月飾りと台湾のお正月飾り、どちらにどんな違いがあるのかを調べてみるのも楽しいかもしれません。
行事に触れることは、その国の伝統に触れることにも繋がりますので、「より深く台湾を知りたい」という人には、台湾の行事に触れてみることをオススメしたいです。